まだやってる森友、おまけに、また間違った解説しているしなあ。もう知識がないくせに何でさも知ったかぶりで解説するのかな。

長谷川幸洋、さん間違ってますよ。
まだやってる森友、おまけに間違った解説しているしなあ。もう知識がないくせに
何でさも知ったかぶりで解説するのかな。

さも理財、航空局がゴミがないのに、口裏合わせで処分したことにしろと口裏合わせを
強要したという解説だが、根本的なところで間違っている。

そもそも土地の売買については、売る方が地歴を綺麗にして売り渡すことが義務付けられ
ているのである。つまり処分者側である国は、ゴミを処理する義務があったのである。

これを、航空局側かなんかの業師が、随契にしてごみ処分を、森友側に押し付けたところに
問題が発生したのである。

何故なら、ごみ処分については、森友の処分にゆだねられたので、ごみ処分を無視する
可能性が生じたのである。本来は、処分の産廃処分後の大量の文書が発生し、証拠と
なるのだが・・・・・やったかどうかは森友の判断になってしまったのである。

口裏合わせは、当然森友はごみを処分しただろうなという確認である。
やってなきゃ、随契違反でしょ。ごみの処分費を面倒見てもらってるから・・・・ね。

ここで国側として問題になるのはなんでそんな契約したのということだけ。
違反しているのは、森友だし。

国側は、道義的な責任ぐらいしかないと思うよ。これが正論です。
知らない人は解説しないようにね

長谷川幸洋、さん間違ってますよ。適当な解説しないように。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

河野ななせ。

Author:河野ななせ。
そろそろ第二の人生設計をしようかと。
なかなかなあ。
多分、始まるかな・・。29年末。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR