何が文民統制や! 世論ばっかり気にする政治家ども、怒ってるのは自衛隊員の方じゃ!不肖・宮嶋 コラコラ記ですが・・。とシビリアンコントロール

この文民統制というのが日本ではおかしな解釈になっている。
ようは自衛隊員は政治的な政策に関する言動を行ってはならないとか・・・・。
自衛隊に対して文民が命令するというような意味合いで語られるが、そもそもそれは
間違いであろう。

ネットの定義だと以下のとおりである。


文民統制(ぶんみんとうせい、シビリアン・コントロール、英: civilian control of the military)
とは、文民たる政治家が軍隊を統制するという政軍関係における基本方針であり、軍事に
対する政治の優先を意味する。「文民(英: civilian)」の語義を明確にする意図から「政治
統制(英: Political control)」という表現を用いることもある。また、「文民優越(英: civilian
supremacy)」とも言う。

文民統制・シビリアンコントロール(Civilian Control Over the Military)とは民主主義国家に
おける軍事に対する政治優先または軍事力に対する民主主義的統制をいう。すなわち、
主権者である国民が、選挙により選出された国民の代表を通じ、軍事に対して、最終的
判断・決定権を持つ、という国家安全保障政策における民主主義の基本原則である


とあるが、これではそもそも根本が理解されていない。何故、文民統制が必要か、たぶん
一般的には、軍部の暴走の防止とかいうのであろうが、これも勘違いである。暴走しなくても
シビリアンコントロールするのである。

シビリアンコントロールは、クラウゼヴィッツの戦争論にその意義が書かれている。
政治目的と軍事目的では、政治目的が軍事的目的より優先するということがその意義
なのである。
他のグダグダな、解釈・定義・方法論は後付けである。

いかに軍事目的が妥当かつ論理的・効率的・人権的で正義であろうとも、不合理なのかもし
れないが政治目的が優先するという、この一点が、文民統制の意義なのである。

あとのこの理論の使用方法は、その周辺から派生して出てきた方法理論でしかないのである。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

河野ななせ。

Author:河野ななせ。
そろそろ第二の人生設計をしようかと。
なかなかなあ。
多分、始まるかな・・。29年末。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR