FC2ブログ

「米の攻撃もアサド政権も許せない」日本在住のシリア人。・・・ってそれは言ってはだめでしょう。当事者能力と責任能力がありませんと言ってるのと同じです。

「米の攻撃もアサド政権も許せない」日本在住のシリア人ってだめでしょう。
まあ朝日が書きそうなことなのだが・・・。在日でどっちも許せないなんて「コウモリ」じゃ
あるまいし。

どっちか「ベターを選べ」と言いたいなあ。一応、リアリストのはしくれとしてはね。

朝日にとっては、こういう場合いつも通りの言動を行うテンプレというか仕様の決定している
ニュースだよなあ。いつもの書きぶり。でもね・・・この人達は・・・ねえ。
自分達の国に対する現状の責任とか義務とかこの人たちは思い浮かばないらしい。
どこぞの国の在日と似ているのだが・・・どことは書かないが(w
誰かがどうにかしてくれる、何かやってくれるものなのだ。・・・・・と思っているようである。

引用する。

米国のトランプ政権が再び、シリアへの攻撃に踏み切った。故郷に残した家族や、
生まれ育った街はどうなるのか……。国内のシリア人や支援にあたってきた人たちに
、怒りや落胆の声が広がった。

おいおい君たちは何をやってるのかね。よその国に来て。自分たちで何とかしなさいよ。
周りの国が迷惑してるでしょ。どうも国に対する責任感とか共同体意識とかがない
らしい。なんかあったらさっさと逃げる。どこぞの国の左側の主張とおんなじ。

個人名で書けば「やくみつる」氏かな。
彼がTVで同じような主張をしていたが。逃げた貴方はいいだろうが残された家族はどうすん
のと「つっこみ」を入れたのだが・・・・。

まんま同じ状況でしょう。なんだかなあ、そもそも国民としての資格がないのではないか。
ことあれば、国の基盤の家族も守らないのであればねえ。

引用する。

「米国の攻撃も許せないが、アサド政権も許せない。一番かわいそうなのは、市民だ」。
東京都内でアラビア料理のレストランを営むシリア人のアルクド・イブラヒムさん(46)は憤った。

なんという当事者能力のなさ・・・あきれはてた他人事。どの口がいうのか状態ですな。
めんどくさいからこれ以上分析しないが・・・・。

枝松直樹代表理事は「暴力の連鎖は問題の解決にはならないのに」と肩を落とす。
「避難民が新たにうまれることになる。私らの活動は何なのか、限界、無力感を感じてしまう」

いやいや人類の歴史はすべて「暴力の連鎖」で問題を解決した来たのだが・・・・・。
まあ、言っても無駄かな。他国に干渉されたくなかったら、自分たちの「暴力」で国内を
なんとかしろよーってこと。・・・が今回の教訓であろう。

今回の爆撃の意義はっつーと、ぐだぐだの固定化とロシア・VS・NATO、US対立の深化か。
新型「冷戦」の固定化の始まりか・・・・・・・。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

河野ななせ。

Author:河野ななせ。
そろそろ第二の人生設計をしようかと。
なかなかなあ。
多分、始まるかな・・。29年末。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR