FC2ブログ

元陸自幹部が明かす、自衛隊が日報を隠すに至ったやまれぬ理由、公的には破棄したものだからないが正しい。

1年保管と決められていれば、1年以上あるのは変でしょ。
残っていれば、それは日報ではなく、資料として保存したもの・・・かな。

自衛隊の公的な見解はこうなるだろうが、今は言える状況ではないわなあ。
正論を認めないのだから・・・。

めんどくさい人たちだ。なんで現場の日誌に拘るのかね。
そんなもの現地の指揮官レベルチェックだろ。馬鹿馬鹿しい。

特異事象がなければ、それ以上は報告しない。

ここで、日々の活動を記す「作戦日誌」が問題となっています。官僚業務と違い、
嘘は書きません。砲弾が落下したら正確に記述します。世界常識では、砲弾が落下
するような地域を戦場(戦闘地域)と言います

またすぐこんな嘘を書く・・・。そもそもPKOだから戦闘じゃないでしょ。
いつの間にやら・・・日々の活動を記す「作戦日誌」・・・とやらになってるし馬鹿か。
驚くべき捏造だな。

PKOは日本国民の代表で行っています。にもかかわらず、日本には「戦死」に対する
勲章も遺族年金もありません。「非戦闘地域」ですから、万一の措置・補償はないのです。
ツケは現場の隊員が払わされます。隊員個々がPKO保険に加入して現地にいっているのです。

そもそも国内においても無いのだが。何を言っておるのか分からん。
そのようにして派遣したのは国会である。

いずれにせよ、このような作戦日誌には、嘘はありません。だから、政府が「戦闘地域でない」
と言えば、破棄しかありません。それを、破棄した自衛隊の責任にしますか?

作戦日誌などない。あほすぎ。土木工事だろうから作業日誌じゃないのか。
あまりにも適当なことを書いているのでめんどくさい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

河野ななせ。

Author:河野ななせ。
そろそろ第二の人生設計をしようかと。
なかなかなあ。
多分、始まるかな・・。29年末。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR