FC2ブログ

野党合同ヒアリングは官僚イジメ、まるで中国・文革期にあった紅衛兵のつるし上げってさあ。何を今更、昔もあったよ。

この人も1960年代の日本国内の状況を知らないふりをしている。

野党合同ヒアリングは官僚イジメ、まるで中国・文革期にあった紅衛兵のつるし上げ
ジャーナリスト・安積氏指摘

ほんの数十年前に日本の地方都市でやっていたじゃないか。赤軍派が内部でやっていた
ではないか。何を言ってるのかこの安積なる人物は・・・歴史を知らないのか。
市役所、公立学校でつるし上げをやっていたでしょう。近代史を知らなさすぎ。

具体例は以下のとおり。

各地から「○〇部落」という単語が消えたのもこの当時からですよ。
それまでは普通に今の自治会のことを○〇部落といっていたわけです。
その単語が西日本では使えなくなった。おまけに日の丸まで消えていった。

それらの団塊の世代のフロント組織の末裔が今の野党の諸君ですから。
その手法は同じになる。いわゆる「団交」的手法を使い、つるし上げ自分たちの
好む結果を得ようとするのである。

そこに事実の追及なんて考えはない。自我の主張しかしかしないわけだから、
団交相手が何か言えば「怒鳴り、威嚇し脅す」のである。

何をいまさら「中共」の近衛兵を出す必要があるのか。別に他者にその起源を
求めなくとも、ほら、大先輩の「クズ」の団塊の世代がやっていた手法である。

赤軍派なんぞは、この手法で組織内で集団リンチを行い大量の殺人を行った。

「中国・文革期、熱狂した紅衛兵が、官僚や知識人らをつるし上げた。きっと、
このような情景だったのではないか。」

ってそのものですよ。だったのではないかではなく同じ手法・テクニックです。


「社民党の福島瑞穂参院議員は17日のヒアリング終了後、「私たちは別にCさんを責め
ているわけじゃないのよ」と語った。だが、耳たぶを真っ赤にしながら野党議員の罵声に
耐えている官僚らを見る限り、つるし上げて、イジメているとしか思えない。
人権無視の合同ヒアリングは止めた方がいい。」

いやいや、そのために野党はやっているのだが、TVは報道しない。
テレビ的にも、あまりにも「醜い」からである。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

河野ななせ。

Author:河野ななせ。
そろそろ第二の人生設計をしようかと。
なかなかなあ。
多分、始まるかな・・。29年末。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR