FC2ブログ

小西洋之参院議員の小物ぶり。『男の約束』反故にした小西氏のナゾ 「防衛省に通報しない」明言も… 自衛官との暴言騒動

嫌になるぐらいの小物ぶりである。あの秘密保護法の際も成立すれば亡命
すると見えを切ったが、結果は法律が成立後知らんぷり、他人事、おまけに法律成立後
の不具合事項・問題事項の発信もなし。卑怯を絵に書いたような人物なのであろうか。

『男の約束』反故にした小西氏のナゾ 「防衛省に通報しない」明言も… 自衛官との暴言騒動

――――――約束を反故

防衛省統合幕僚監部の3等空佐が、民進党の小西洋之参院議員に暴言を吐いた問題で、「謎」
が残るのが、小西氏の対応だ。防衛省が公表した3佐の供述によると、小西氏は騒動当日、「防
衛省に通報しない」と明言し、2人は握手したという。だが、小西氏は直後の国会審議でこの件を
取り上げ、批判を展開した。「男の約束」を反故にしたのか。


小西氏は、騒動があった16日夜を振り返りながら、夕刊フジにこう語った。
条件付きではあるが、3佐の供述内容を大筋で認めたのだ。

3佐の供述によると、「お前は国民の敵だ」と発言したことは認めていないが、
16日夜の時点で「個人の尊厳を傷つけるようなこと」と「政治活動を冒涜(ぼうとく)
するようなこと」については謝罪した。

小西氏はこの直前に、豊田硬防衛事務次官らに連絡していたが、その後は防衛省に
通報していないという。本紙に「(彼の)所属を知らなかったためだ」と釈明した。

それでは、なぜ翌17日の参院外交防衛委員会で「『お前は国民の敵だ』と繰り返し、
罵声を浴びた」と言及したのか。小西氏は続けた。
 「17日に、彼が統合幕僚監部に所属する幹部だと分かった。『自衛隊の日報問題で
シビリアンコントロール(文民統制)が問われるなか、国会で取り上げないわけにはいか
ない』と判断した。私は国民に説明する責任がある」

馬鹿々々しい。統幕なんぞその配下に部隊はない。命令しようにも指揮する部隊を持たない。
会社で言えば「顧問」のような立場である。シビリアンコントロールもなにも統幕には指揮する
部隊はない。

ちなみに、各陸、海、空幕僚監部も「指揮権を持たない」。つまり部隊へ命令はできない。
このため通常は、現地部隊は中央と思われている幕僚監部の指揮は受けないし。受け付けない。
私が部隊指揮官であれば、幕僚監部がごちゃごちゃ言ったら無視する。
現場をしらないくせにやかましいとなる。

だから幕僚監部は地方の部隊を動かすためには「予算」、「人事」権でしばるしかないが、通常の
部隊運用では、幕僚監部は口が出せないのである。指揮権の混乱を生じるからである。
つまり中央は、防衛大臣、総理しか命令する権限を持たないのである。


だから、この「小西洋之参院議員の小物」がいうところの「彼が統合幕僚監部に所属する幹部だと
分かった。」からといって意味はないのでる。どうも彼は軍事組織の指揮命令系統を知らない
らしい。一般人ならそれでも良いが、国会議員が指揮命令系統の意味を知らないのは議員の教養
として大きな問題である。

外国との安全保障上の諸問題の常識を知らないことになるからである。
いずれにしろ、国会議員としての常識がないことになる。落選させるべきである。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

河野ななせ。

Author:河野ななせ。
そろそろ第二の人生設計をしようかと。
なかなかなあ。
多分、始まるかな・・。29年末。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR