韓国の面の皮の厚さと無恥。半島国家の悲哀か宿命か。通貨スワップ記事の現在と過去にに見るその卑怯さと異様な言論。

さてまたまたそぞろ通貨危機説が出て参りました・・・・。まあたいてい事前に出ると
回避されるのか・・・そこはわかりませんが。

この通貨危機現象を材料に隣国である韓国の恐ろしいほどの厚顔無恥とその卑怯、
異様な言論空間を、近隣国の日本人は知っておくべくであろう。

米国の金利引き上げで、ドルの米国内回収があるのか、アルゼンチンがやばそうな
金利引き上げに走ったが・・・
専門家じゃないのでわかりませんが・・・連鎖デフォルトなんてあるのでしょうか・・・。。
明治のころのアルゼンチンというえば、マルコの目指す、先進国家だったのだが・・
どうしてこうなった。

さてこれ受けて慌てたのは中共と韓国である。中共はどさくさにまぎれて日本と奇妙な
スワップを結ぶそうである。よくわからない。さて隣国である韓国のこれまでの、スワップに
関する言論・・・・・これが調べると、恐ろしいほど頭に来る。厚顔無恥、異様、恥知らずな
のである。

さて最近の韓国の記事である。

韓国メディア、韓日通貨スワップ「歓迎」…「早いほど良い」。5/8(火) 15:15配信 中央日報
日本語版である。内容は以下の通り。
ソウル新聞は8日、『韓日通貨スワップ、再開は早いほど良い』というタイトルの社説で、
「韓日通貨スワップを金融協力次元で協議をすることにしたのは非常に鼓舞的だ」とし
ながら「米国の度重なる利上げに対する先制的対応のためにも、日本とはできるだけ
早期に接点を探さなければならない」と伝えた。

数年前の記事は以下の通り。

昨年8月に交渉が再開されたが、今年1月に「少女像」問題で日本が交渉中断を宣言した。
韓国政府もあえて自分から通貨スワップ締結を「物乞い」したりはしないという立場だ。
先月末現在3848億ドルに達する外貨準備高を持つ状況であえて国民的感情を損ねて
まで通貨スワップ締結を先に提案しないというのが韓国政府の考えだ。
2017年10月11日09時59分
[ⓒ 中央日報

2018年5月7日、韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁が日韓通貨スワップ再開の可能性
に言及したが、要請方式や金額などをめぐり韓国政府内からは反対の声も上がっている。
韓国・ソウル経済など複数のメディアが報じた。

韓国銀行と企画財政部によると、15年に中止された日韓通貨スワップに対する日韓
政府の再開の要請は現在までにないという。一時700億ドルに達した日韓通貨スワップは
両国の外交関係悪化により終了。
以降再開議論が出るも、釜山・日本総領事館前の慰安婦像設
置問題などから昨年初めに中断された。

さて韓国人の異様さは次の言論に出てくるのである。

これを受け、韓国のネット上では「英国やドイツなど他の国もあるのになぜ日本?」
といった声をはじめ「まさか日本を信じるの?」「IMFの時に裏切られたのをもう忘れたの?」
などこちらも反対の声が多い。

韓国国内では以前の通貨危機の際に日本が裏切ったからIMF管理下に置かれたと
嘘の言説を垂れ流し、その責任をすべて日本に押し付けたというのが真相なのである。

しまもその嘘は、歴史的事実かのように、新聞TVが垂れ流し、日本にいる在日韓国人
のコメンテーターも同様の言説を嘘と知りながら、日本国内において、TVでどうどうと
述べているのである。
しかも、これに反論できる日本人のTVコメンテーターは皆無なのである。
あまりにも無知なコメンテーター達である。

ここでも日本のTV・マスコミは死んでいるのである。

さて次回は、前回の通貨危機の顛末の紹介。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

河野ななせ。

Author:河野ななせ。
そろそろ第二の人生設計をしようかと。
なかなかなあ。
多分、始まるかな・・。29年末。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR