FC2ブログ

HINOMARU・・・・ねえ。良い歌だと「妻」は嘆いていた。何故問題なの・・・・。「解説しよう。」妻へ・・・聞き給え。「妻よ」

ねえ・・・ねえ何で。何で非難されるの・・・・。うーーーん。まあ、妻よ解説するか。
良い歌だと「妻」は嘆いていた。何故問題なの・・・・解説しよう。妻へ・・・聞き給え。「妻よ」

そもそもこれってワールドカップ関係の歌らしい・・一応歌詞が問題らしいので。

風にたなびくあの旗に 
古(いにしえ)よりはためく旗に
意味もなく懐かしくなり 
こみ上げるこの気持ちはなに
胸に手をあて見上げれば 
高鳴る血潮、誇り高く
この身体に流れゆくは 
気高きこの御国の御霊
さぁいざゆかん 
日出づる国の御名の下に

どれだけ強き 風吹けど
遥か高き波がくれど
僕らの燃ゆる御霊は
くじけなどしない

胸に優しき母の声
背中に強き父の教え
受け継がれし歴史を手に
恐れるものがあるだろうか

書いた当人はどうだろうと・・・まあ。「靖国神社」とか、広島の江田島にある
海上自衛隊基地の「参考館」にある「手紙」の現代語訳みたいな感じですね。
(参考館:横山大観の富士の絵があるので・・・美術館としても見てほしいなあ。)


ということで・・・・歌詞からは、日本のリベラル左派、極左には受け付けられない
とういうか「殲滅対象」です。だから無理。叩く対象。

御国 御霊 引き継ぐ歴史 誇り高く等々・・・すべてリベラルにとっては禁句というか
「放送コード」対象レベルです。一昔前だと「放送禁止歌」です。

まあ、そもそもが、リベラルな思想そのものが、「ルソー」とか「マルクス」系統ですから
時の、絶対王政・教会打倒の思想ツールでしかないわけです。

そのための理論で構成された思想体系であるから・・・。
伝統とか歴史を嫌うのである。そもそも彼らの思想は現時点の事象しか捉えない。
いわゆる保守派のように「個人」を、過去、現世、未来といった三世、三次元の集合存在と
思わない。個人を現世のみの存在ととらえるから、伝統、御霊といった語句に
拒否反応を示すのです。

特にルソーの思想なんて、お子様宣言だから・・・・馬鹿にわかりやすいし、マルクスに
いたっては、無知な階級へ暴力肯定おkという、アナーキー思想なので・・・・。

「歴史とか、誇り」とかは、相いれない「刹那主義な薄っぺらな思想」なので・・・
受け入れられない。
なにしろ自分たちの存在意義に関わる「単語・語句」だから・・・。

そりゃそいうことですから・・・皆さんがあることないこと書いて叩くでしょうねえ。
「天敵」を発見したようなものです。

歌を書いた本人はその激烈な反応に「あーびっくりしたよ。」って感じだろうと思う。



さて、外国人の反応はというと・・・パンドラさんところから・・すみません。

外国人ファンの私もこの曲が大好きです。
  自分の国に対する純粋な愛情が伝わってきました。
  素晴らしい曲を作ってくださってありがとうございます。


この歌詞に政治的なメッセージなんて全然ないじゃん。
  自分が生まれた国のことを想って作っただけでしょ。 +39 中国

???
  自分の国に対する愛情を歌にして何が悪いの? +23 中国

「ヒノマル」は感動的なメッセージが込められた美しい曲。
  厳しい時期を体験した日本人を励ますための曲だよね!!
  困難な時でもみんなを1つにまとめる力がある、
  そんな素敵な曲だと私は思ったけどなぁ☺️ +101 国籍不明

過去に愛国心のせいで過ちを起こしたから、
  日本人は自国を称賛してはいけないって????
  中国人だけど、それは理解できない。
  何人かの日本人のコメントを読んでショックを受けてます。
  自分の国を愛してあげてください! 中国

あなたは国を愛することは出来るし、自国に関する歌を歌っても構わない。
  だけど「HINOMARU」が愛されることはない。
  個人的にはあなたに失望しました。 +2 韓国

被害国の出身者としてではなく、平和主義者として一言。
  この曲は色々な意味で間違ってる。
  どんな人であれ戦争を美化するべきではない。
  犠牲心に美しさはないし、永遠の魂というものも存在しない。
  戦争はただただひたすらに残酷なものなんだよ。 独在住

あなたは間違ってないよ。
  この曲に隠されてる本当の意味であったり美しさを、
  理解出来ない、あるいはしたくない人も少なくないようだけどね。
  あなたはいつも多くの愛と、勇気と、平穏を私たちにもたらしてくれてる。
  これからも素晴らしい仕事を続けてください。
  私たちはいつだってあなたの味方です❤️ +139 スペイン語圏



まあ、一言付け加えれば・・・書いた当人も、暴力が好きだとか、戦争が好きだ
とか書いていないのだが・・・・どうもリベラルの脳内では違うらしい。
書いた本人は驚いただろう。

でだ・・・おまえ、おまえだよ。
おい、おまえだ独逸・・・
戦争はただただひたすらに残酷なものなんだよ。 独在住・・・ってこれ戦争の歌かよ。
呆れはてた脳内変換システムである。馬鹿げた妄想を抱かないように。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

河野ななせ。

Author:河野ななせ。
そろそろ第二の人生設計をしようかと。
なかなかなあ。
多分、始まるかな・・。29年末。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR