FC2ブログ

憎悪の言動、広がる理由、その③、朝日の声の欄。歴史を知り助け合い歩み寄る。、高校生

憎悪言動で、煽り、拡散する朝日型憎悪のシステム。
朝日の声の欄、「歴史を知り助け合い歩み寄る。」高校生 朴氏、30.10.26


投書題目、「歴史を知り助け合い歩み寄る。」
―――――― 投書テーマのどれも彼らの祖父母世代からでき来ていないのだが・・・。
自分たちの宗族が出来ても居ないことを、他民族・他国家に強要するなんぞ歴史的な皮肉にしか
思えないのだが・・・・お題目から解説してみる。

「歴史を知り」、従軍慰安婦、挺身隊、強制連行、関東震災の史料を客観的に見る。
するととこの高校生は何を見て、何の史料を検討したら、「歴史を知り」なんぞと、上から
目線で書けるのか・・・。己のルーツを客観的に見た方が良いと思うのだが・・。

「助け合い歩み寄る」、彼らの祖父母が最も不得意としている社会的行動ではないのか。
彼らは、戦後の騒乱は反省したのだろうか。血のメーデー、阪神教育事件etcと。何か日本社会に
貢献したことがあるのであろうか・・・・。事案を知らないのだが・・・。歩み寄った事例を提示して欲しい
ところである。できもしないことは、他者に要求していけないのが道徳の基本だと思う。

朝鮮出身の国会議員が二人。
貴族院議員の尹徳栄。そして、衆議院議員の朴春琴。
ふたりは、祖先から授かった本名のまま選挙に立候補し、多くの方に支持されて当選を果たしている。
この程度の知識は知っていて欲しい所なのだが・・・・知っているのだろうか?



以上のとおり、総じて声投書の題名からして成立していないとおもうのだが・・・。
捏造で他民族・他国をレッテル張りするなんて「ヘイト」そのものではないのか。
かれの頭の中では「日本人は朝鮮人を強制連行した。」というのがデフォルトな
情報なのである。工作に踊らされるレイシストではないのか、とも思ったりするわけで?。

さて、その内容である。
----------------

ツイッターを見ていて、ある投稿の内容に私は目を疑いました。公園のベンチに
「不法移民の在日コリアンは日本人を滅ぼしたい」「朝鮮人こそ反日ヘイト」と
書いた写真がありました。
とても胸が痛み、悲しくなりました。まだこんなことを書いたり投稿したりする
人がいるんだと。
日本が朝鮮を植民地にし、私たちの多くの祖先を日本に強制連行したのに
何故「不法移民」や「帰れ」と言わなければならないのでしょうか。多分歴史を
知らないからだと思います。
しかしこの投稿へのコメントを見ると「不快な思いをさせてすみません」などと
理解、尊重している人もたくさんいました。「無知は最大の罪」という言葉が
あります。歴史を知って共に助け合う歩み寄りが大事だと思います。

---------------- という内容である。まあ高校生なので歴史を自分で史料検討
とかしたことはないので、知識の受け売りなのだろうと思うのだが・・・・・。
完全に日本社会へに「ヘイト」のレッテルを張っていることに気が付いていないのである。

5点ほど、間違い、勘違い、知識の相対化等を指摘しておきたい。
そうしておかないと、朝日新聞の「憎悪言動、拡散」に手を貸すことになるので
一般的常識として反論しておく。

一点目、「朝鮮人こそ反日ヘイト」は歴史的事実であろう。従軍慰安婦で朝日新聞
捏造報道を謝罪している。隣国の状況を見ればヘイトそのものである。後からの書くが
強制連行、震災被害、サハリン問題と、指紋押捺、日立就職事件とほぼすべてが、
差別をレッテル貼りした、日本へのヘイトであろう。

二点目、「多くの祖先を日本に強制連行した」、完全に日本へのヘイトを目的にした
捏造である。「徴用」による在日は、約300人と国会答弁がある。そもそも徴用は国民
の義務であり、本土の日本国民は徴兵されていた。徴用は日本本土では女学生
も行っていた。

3点目、「何故「不法移民」や「帰れ」」、投稿者の数代前の世代のほとんどが不法移民
なのである。法的には現在も日本国民ではない。国家間の特殊な取り決めで、許可を
しているのもであり、原則としては、国籍を取得するつもりがないのであれば、現状
復旧として帰国するのが、通常の対応だと思うのだが・・・。まあ、わざwざ「帰れ」と言う
必要はないと思うし、今後、帰国、帰化は検討するべきであろう。

4点目、「無知は最大の罪」については、君のことである。ネット上の格言を書いておこう。
「深淵を覗くものは、深淵からも見られているのである。」、「怪物を見るものは、怪物からも
見られている」

5点目、「歴史を知って共に助け合う歩み寄りが大事だと思います。」これも君にその
まま返そうと思う。そのような事例があったのだろうか。まずは、新しく入るの人達
から、歩み寄るものであろう。まあ、戦前そのような朝鮮人の衆議院議員がいた
ようではあるが・・・。今の人々は、自分たちの数代前は、本土の選挙権・被選挙権
があったことも知らないし、市会議員、国会議員がいたことなんてしらいのであろう。
悲しいことに自分たちが選んだ道である。今さら無駄であろう。


地政学的に見れば、現在は明治維新の時代背景にかなり近いのである。
無能な味方は敵よりも不必要な存在である。隣国がそうならないように
祈りたい。一応まだ、ブルーチームらしいいので。

無能な味方(むのうなみかた)とは、戦術、戦略から国政、外交に至るまで全ての局面において無能なトップに次いで弊害の大きい存在である。これらの存在が及ぼす悪影響は、優秀な敵をはるかに凌駕するため、多くの場合において味方の被害を抑えるために多くの優秀な味方が無能な味方を支え続けなければならなくなるか、もしくは無能な味方が無能なまま、その弊害を撒き散らし続けることになる。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

河野ななせ。

Author:河野ななせ。
そろそろ第二の人生設計をしようかと。
なかなかなあ。
多分、始まるかな・・。29年末。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR