FC2ブログ

今こそ「日韓断交」の準備を ・・・ 門田隆将2018年10月30日 、こんな過激な人だったっけ。でも歴史的な事実を間違えている。日韓断交は2度目ですよ。

今こそ「日韓断交」の準備を ・・・ 門田隆将2018年10月30日 、こんな過激な人だったっけ。

もっと、こう緻密な人だと思っていたけど、怒ったんかな。

------------- 予想どおりの結果である。近代国家として「あり得ないこと」が通用するのが、彼(か)の国なので、驚くには及ばない。むしろ、日本がこの国とつき合う態度を決めるために、素晴らしい事実を「また与えてくれた」と歓迎すべきだと、私は思う。
もはや、笑うしかないだろう。53年前の昭和40年、あれほどの両国国内の大反対の末に、日本と韓国双方が「請求権」を放棄した上で、ついに成立させた「日韓基本条約」の根本が“消滅”するのである。つまり、日本と韓国による「国交正常化」の前提がなくなるわけで、もはや、日韓関係は「途絶やむなし」ということを韓国が通告してきたことになる。

私は、朝鮮半島に残して来た日本の多くの財産を敢えて請求せず、すべてを「請求権放棄」という名目でお互い納得し、「国交正常化」という大義についたことを評価するひとりだ。

「完全かつ最終的に解決済み」という日韓請求権協定の結論は、やはり、当時の韓国の大統領が朴正熙氏であったことが大きい。それは、満洲国軍軍官学校(第2期)と日本の陸軍士官学校(第57期)で日本式の軍隊教育を受け、旧満州国軍の将校として活動し、「日本には多くの恩師がいる」と言って憚らなかった「朴正熙あってのこと」だった。


(なんか、すごいまともな意見です。)


この異常事態に、河野太郎外相は、「国際裁判を含め、あらゆる選択肢を視野に毅然とした対応を講じる」と表明したが、いやいや、そんなことすらする必要もない。

ただ、韓国との外交関係をはじめ、すべてが途絶する準備を始めるだけでいいと思う。いまだに日韓の「通貨スワップ復活」を画策し、経済破綻した際の日本の援助を求める韓国と「国交を断絶すること」は、日本にとっては、痛くも痒くもないことである。

いや、むしろ、本当に日本が韓国との「真の友好」を目指すなら、日本はここで韓国政府が、この司法上の「日韓基本条約破棄」をどう扱うかによって、「断交」への道を選択するべきだろう。

そして、今回の日韓基本条約の司法上での「事実上の破棄」である。くり返すが、この国と本当に「真の友好」を目指すなら、いま、「断交」に向かって準備をすることが肝要だ。そして、実際に一度、国交を遮断すればいい。

日本人は、本当に怒っている。そのことがわからなければ、彼らはいつまでも日本は「圧力に弱い」と舐(な)め、お互いがお互いを助け合うという「真の友好」は生まれまい。今こそ、そのための第一歩である「日韓断交」の機会が訪れたのである。


------------- 

歴史的な事実をちょっとだけ間違えている。実は、日韓は一度「断行」しているはず。
終戦後、膨大な資材が日本から入り込んだため、李承晩が頭にきて、断交した。・・・・
が、やっていけずすぐ現状復旧したという記憶がある・・・・・・・。

調べたらどうも、帰還j事業に絡んで、それを邪魔するため、韓国側が、日本に「経済的断交」、
1959年6月実施したらしい・・・・。日本は当時どうしたのか・・・完全に「無視」した。
日本にとって、当時の韓国の経済価値はほとんどなく、一方韓国は、日本からの輸入が50%
ぐらいか・・・・・。やっぱ・・・今回も無視かな・・・・いあやいあや、徹底的に嫌がらせをするべきだ
と考えるのだ。だって2回目だから。面白そうだし。特に安全保障的にも問題ないでしょ。

でだ、昔の断交は1か月で、再開・・・・・。まあ、今回もそんな面白い所を見せて欲しい所である。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

河野ななせ。

Author:河野ななせ。
そろそろ第二の人生設計をしようかと。
なかなかなあ。
多分、始まるかな・・。29年末。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR