FC2ブログ

「ネット右翼」イメージと異なる実態    研究者から警鐘の分析

「ネット右翼」イメージと異なる実態 研究者から警鐘を分析する。

「ネット右翼」を勝手にイメージして・・・・レッテルを貼り、異なる実態と言う。
そりゃ最初から間違ってるんではないのでしょうか。辻大介・大阪大学准教授様(w


-------------  国籍や性別、性的指向……。少数者に向けられる差別やヘイトスピーチが止まらない。過激な言動で知られる「ネット右翼」と呼ばれる人々の実態調査に早くから取り組んできた辻大介・大阪大学准教授(コミュニケーション論)は、「彼らの言動を過剰に意識するな」と警鐘を鳴らす。
 ――「ネット右翼」の人々がどのような政治的意識や属性を持っているのか、調査をしてきましたね。
 2007、14、17年と3回にわたり、ネット利用者を対象に調査を続けてきました。愛国や差別、排外主義の言動を過激に行う集団として、無視できない存在となったからです。
 ――どんな人をネット右翼と規定したのですか。
 私たちの調査では、嫌韓・嫌中を訴える、靖国参拝支持など保守的政治志向を持つ、ネットで意見発信するの3項目すべてを満たす人を、ネット右翼としました。当初はネット右翼の問題というと「歴史修正主義」が中心でしたが、近年は差別やヘイト、排外主義の問題に重点が移動しつつあるように感じます。ー-------

「ネット右翼」の定義がすごいな。ただの感情論だし。嫌韓・嫌中なんぞ、ただの好き嫌い
のレベルだろうから、ほんとの感情論でしかない。靖国参拝支持などにしても、思想的な
背景でないし、習慣・道徳論だろうから、それで「ネット右翼」だ。見つけたー。とか言われ
ても。おいおいってそれってグループとして括っていいの・・・・・・・・。
なんの定義にもなっていないような気がするのだがなあ・・・・。
やばそうな准教授だなあ。

いまの中韓の狂乱したような姿を見て好きだというのは、よほどのマゾか、異世界
レベルの感覚の持ち主なのではないのか。勝手に南シナ海のサンゴ礁を埋め立て
飛行場にして、ミサイル基地にする。60年も前の、国家間の条約は勝手に無視して、
謝罪と賠償のおかわりを始める・・・。

これって、好きな人いるのかね。辻大介・大阪大学准教授様(w。君の感性はおかし
くないか。君のゴーストはささやかないのか。変だよと。
おまけに、靖国参拝支持とか、参拝すれば普通の一般人は頭を下げますよ。
それをさも、大ごとのような三条件ばどど・・・・・頭がおかしいとしか思えないのだが。

それって、一般国民のふつうの態度だろうと・・・・・・。この時点でなんと馬鹿々々しい
インタビューか。と気が付くのである。


------------- ――ウェブ調査から見えたネット右翼層の実態は、どうだったのですか。

 一般には「貧しい若者が、ネットでうっぷんを晴らしている」というイメージが広がっていますが、実態は異なっていました。特定の年齢層や年収レベルとの関連性は見えなかったのです。高齢層や「中流」の人々が含まれている事実にも、留意すべきです。

 ログイン前の続き他方、ネット利用者全体に占めるネット右翼層の割合は、一貫して1%ほどに過ぎませんでした。話題にビビッドに反応する「強い固まり」ではあるけれど、規模は小さいのです。

 また4168人が回答した昨年11月の調査では、自分自身はネット発信をしないものの嫌韓・嫌中の感情と保守的政治志向の両方を備えた層(シンパ層)も全体の5・3%いました。そちらにも注意が必要です。-------------


> 注意が必要です。(キリッ。)

と言われてもなあ・・・・もはや小さな誤差レベルの集団としか思えないのだが・・・・
それに注意しろと言われてもねえ。

そもそも、2007年代だと、PC持ってる人たちなんて、生活に余裕のがあり、ある程度の
PCスキルと通信の知識がいるから・・・・若年層なんてありえないでしょ。オンラインゲームも
ぼちぼちというか・・・・ニコニコも動画ないだろうし。

なんか違う領域を調査していないか・・・・・・。

>自分自身はネット発信をしないものの自分自身はネット発信をしないものの嫌韓・嫌中の
>感情と保守的政治志向と保守的政治志向・・・・・

だから、「嫌韓・嫌中」なんぞ、毎日のニュース観てるだけでもふつうだろう。
もう調査の意味がわからんよね。


 ――1%ほどの集まりがときに大きな存在感を示すのは、なぜでしょう。

 ネットの世界では「誰が発言しているか」が見えにくいからです。会議場に100人が集まって議論すれば、「発言した人は少数で、うち1人が極端な発言を繰り返していた」という実態が誰の目にも明らかです。しかしネット上では、一握りの人が繰り返し書くと、そうした意見に視界が占められやすい。「多くの人がそう考えている」という錯覚が起こるのです。


アンチが書いている可能性なんぞ気にもしないで、持論を述べる・・・・。情弱としか
思えないのだが・・・・・。

後段はもう唯の自分の考えを一方的にレベリングして述べただけ・・・・。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

河野ななせ。

Author:河野ななせ。
そろそろ第二の人生設計をしようかと。
なかなかなあ。
多分、始まるかな・・。29年末。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR